RSS | ATOM | SEARCH
【離婚】離婚後、婚氏続称の届けをしたが、結婚前の氏(苗字)に戻せるか?【野々市、金沢など】
JUGEMテーマ:法律
【テーマ】
【離婚】離婚後の氏名の変更【婚氏続称のやり直し】

【質問】
離婚後、いったん婚氏続称の届出をして、結婚中の氏を使うことにしました。
ただ、実家に戻って親と生活してみると、親と氏が違うことで郵便物が届かなかったりするなど意外と不便でした。
今更ではありますが、結婚前の氏(旧姓)に戻すことはできませんか?

【回答】

『婚氏続称』という制度があることは知っている方も多いと思います。
この制度により、離婚の日から3ヶ月以内に、市町村役場に届出れば、婚姻時に称していた氏を使うことができます。

ところで、一度、『婚氏続称』の届出をした後に、結婚前の氏に戻すことはできるのでしょうか?
たとえば、子の進学まで婚氏続称を選択した場合や、年老いた両親と同居して面倒をみるために社会生活の必要がある場合などに氏を変えるということはできるのでしょうか?

法律上「氏」を変更するには、裁判所で氏の変更の許可をもらわなければいけません。
氏の変更は、「やむを得ない事由」がある場合に限ってできると規定されています(戸籍法107条1項)。
ちなみに、「名」の変更については、「正当な事由」があればできると規定されています(同107条の2)。
「やむを得ない事由」>「正当な事由」なので、法律上は、重大な理由がなければ氏の変更はできないということです。
たとえば、難読・珍奇な氏、姓名一致(例:南みなみ)などの重大な理由が必要ということになります。
親と同じ氏にする
これは、婚氏続称した後に氏を変える場合でも同じなのでしょうか。
婚氏続称の場合でも、氏の変更と同じ程度の「やむを得ない事由」が必要とした裁判所の判断もあります。
一方で、「やむを得ない事由」を緩やかに解釈し、子の学校生活上苗字を変えたくないので婚氏続称したが、子が成人したので旧姓に戻りたい場合や、年老いた両親と同居して面倒をみるためなど社会生活の必要がある場合に裁判所が認めた例もあります。(認容例として、福岡高裁平成15年10月21日決定、大阪高裁平成3年9月4日決定、福岡高裁平成6年9月27日決定等があります。)

少なくとも、裁判所に許可してもらえるためには、〆Щ畭馨里靴討い覺間が短く社会的に定着していないこと(必ずしも期間だけではないようです)、∈О前の氏に戻ること(再々婚の場合に問題があります)、J儿垢靴燭て圧,わがままではなく、変更しても社会的に混乱したりしないこと、婚氏を続称していることで社会生活上不都合が生じていることが必要であると考えられます。

このように婚氏続称の届出をした後でも、結婚前の氏に戻すことが可能な場合もありますので、諦めずに裁判所に申立てをするべきでしょう。


婚氏について、「もっと知りたい!」という方は、
初回(1回目)の法律相談を無料で受けられる白山・野々市法律事務所をご利用ください。
ホームページもご覧ください。→http://hakusan-nonoichi-law.com/

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
石川県野々市市本町5丁目1番41号タウビル1階
     白山・野々市法律事務所
ホームページ:http://hakusan-nonoichi-law.com/
TEL:076−259−5930
◎初回の法律相談は無料です。女性弁護士在籍。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
author:白山・野々市法律事務所, category:【離婚】離婚と戸籍【氏名変更】, -, -
【離婚】離婚によって氏や戸籍はどうなるの?【金沢市、野々市市、白山市など】
JUGEMテーマ:法律
【テーマ】
 離婚によって氏や戸籍はどうなるの?

【疑問】
 離婚したら、私や子供の氏や戸籍はどうなるのでしょうか?

【回答】
 婚姻届を出した時点で、新たに夫婦の戸籍ができます。子供が生まれれば、子供も戸籍に入ります。
 離婚することにより二つの戸籍に分かれます。

 離婚によって現在の戸籍から除外(除籍)される側は、結婚前の戸籍に戻るか、新たに戸籍を作ることになります。
 離婚届を見れば、「従前の戸籍に戻る」か「新戸籍を編成する」かにチェックをする箇所が見つかると思います。
 
 さて、除籍される側は、基本的には婚姻前の氏(姓)を名乗ることになります。
 ただし、婚姻中の氏(姓)を名乗りたい方は、離婚成立から3ヶ月以内に市町村役場に「離婚の際に称していた氏を称する届」、いわゆる「婚氏続称」の届出をすれば、婚姻中の氏(姓)を名乗れます。

 離婚したら子供の戸籍はどうなるのでしょうか?
 親権者が母(女性)である場合も、母(女性)が除籍される側の場合、何もしなければ、父(男性)の氏(姓)のままで、戸籍も男性のところに入ったままになります。

1 子供の氏(姓)を変えたい場合
  「子の氏の変更許可申出」を家庭裁判所でしなければなりません。
2 子供の戸籍を移したい場合
  子の氏の変更許可をもらった後、許可書(審判書)を添付して、市町村役場の戸籍係に提出する必要があります。
  なお、1で氏を変えた場合には、父の戸籍に残ることはできません。

離婚と戸籍について、「もっと知りたい!」という方は、
初回(1回目)の法律相談を無料で受けられる白山・野々市法律事務所をご利用ください。
ホームページもご覧ください。→http://hakusan-nonoichi-law.com/



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
石川県野々市市本町5丁目1番41号タウビル1階
     白山・野々市法律事務所
ホームページ:http://hakusan-nonoichi-law.com/
TEL:076−259−5930
◎初回の法律相談は無料です。女性弁護士在籍。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 
author:白山・野々市法律事務所, category:【離婚】離婚と戸籍【氏名変更】, -, -
google-site-verification: google8069d6d4c81a2717.html