RSS | ATOM | SEARCH
【近隣トラブル】隣家の飼い犬の鳴き声がウルサイ場合に慰謝料を請求できるか?【野々市】
JUGEMテーマ:法律
【テーマ】
隣家の犬の鳴き声(騒音)と慰謝料

【疑問】
私の隣家では、シェパードを飼っていますが、私の訪問客に吠えたてたり、深夜・早朝に長時間鳴いたりします。
また、糞の始末もきちんとしてくれず、私の玄関付近に放置されて異臭を放っていることもあります。
私も家族もストレスで不眠や食欲不振で苦しむようになっています。
隣人に対して、慰謝料を請求したりすることはできるのでしょうか。

【回答】
愛犬家の方にはご不満かもしれませんが、赤ちゃんの泣き声など、生活上仕方ない場合と異なり、
犬を飼う必要性はそれほど強いものではありません。

なので、飼い犬の鳴き声による迷惑については、社会生活を営む上で我慢すべき範囲(受忍限度)
を超えている場合には、違法な侵害行為として不法行為が成立
します。

裁判例でも、京都地方裁判所平成3年1月24日判決や横浜地方裁判所昭和61年2月18日判決
において、慰謝料の支払いが認められたものもあります。

しかし、上記裁判例で認められた慰謝料の金額は10万〜30万円と少額です。
そのため、なかなか弁護士に訴訟を依頼することは難しいと思われます。
まずは、最寄りの簡易裁判所において、民事調停を試みるのが良いのではないでしょうか。
また、(石川県にはありませんが)動物愛護管理条例などが作られている自治体の場合は、
鳴き声や糞の始末について指導してもらえる場合もありますので、窓口で相談してみるのも方法です。



近隣トラブルについて、「もっと知りたい!」という方は、
初回(1回目)の法律相談を無料で受けられる白山・野々市法律事務所をご利用ください。
ホームページもご覧ください。→http://hakusan-nonoichi-law.com/

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
石川県野々市市本町5丁目1番41号タウビル1階
     白山・野々市法律事務所
ホームページ:http://hakusan-nonoichi-law.com/
TEL:076−259−5930
◎初回の法律相談は無料です。女性弁護士在籍。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
author:白山・野々市法律事務所, category:近隣トラブル【土地・騒音等】, -, -
【近隣トラブル】近所のカラオケボックスの深夜営業を止めさせられないか?
JUGEMテーマ:法律
【テーマ】
近所のカラオケボックスの深夜営業を止めさせられないか?

【疑問】
私の家の裏にカラオケ喫茶ができました。
深夜3時を過ぎてもカラオケの大きな音が聞こえてきます。
私も家族も睡眠不足です。
裁判をしてでも止めさせたいのですが、止めさせることはできるのでしょうか?

【回答】
町中での騒音公害については、環境基本法という法律に基づいて環境基準が制定されています。
この基準は、地域や時間帯ごとの騒音の限界を決めたものです。
これに違反している場合は、裁判でも違法な騒音として差し止めや損害賠償が認められる可能性があります。

この場合、騒音の大きさが争点となりますので、あらかじめ騒音計で騒音を計測しておくことが重要です。
騒音計をレンタルしている業者もありますので、自分で測定することができます。

裁判例では、深夜0時以降のカラオケボックスの営業の差し止めが命じられ、
数十万円の慰謝料が認められたものがあります(札幌地裁平成3年5月10日判決)。

まずは、最寄りの自治体に行かれて、自分の居住地域の環境基準をお問い合わせされ、
騒音を測定してみることをお勧めいたします。



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
石川県野々市市本町5丁目1番41号タウビル1階
     白山・野々市法律事務所
ホームページ:http://hakusan-nonoichi-law.com/
TEL:076−259−5930
◎初回の法律相談は無料です。女性弁護士在籍。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
author:白山・野々市法律事務所, category:近隣トラブル【土地・騒音等】, -, -
【近隣トラブル】隣からはみ出してきた木の枝を切って良いか?
JUGEMテーマ:法律
【テーマ】
隣からはみ出してきた木の枝を切って良いか?

【疑問】
隣の空き屋の庭に古木があるのですが、大きな枝が越境して私の家の屋根に当たっています。
古木ですし、風雨で枝が折れたら屋根が壊れかねません。
勝手に切って良いのでしょうか?
ちなみに、空き屋の所有者は分かりません。

【回答】
越境してきた竹木の枝については「その竹木の所有者に、その枝を切除させることができる」
と規定されています(民法233条1項)。

※木の根っこの場合は、原則、木の所有者の承諾なく切除できます(民法233条2項)。
したがって、空き屋の所有者に、古木の枝を切って欲しいと頼むことができます。

問題は、空き屋の所有者が分からないことですが、
弁護士に依頼して、隣地の登記簿謄本を確認したりするなどをしたら、所有者又は相続人が分かる
可能性があります。


また、所有者が枝の切除に応じてくれない場合は、
所有者に対して裁判をして、枝を切除するように求めることができます。

なお、勝手に枝を切除した場合には、所有者から損害賠償請求を受ける可能性がありますので、
ご注意ください。

隣家の樹木の伐採について、「もっと知りたい!」という方は、
初回(1回目)の法律相談を無料で受けられる白山・野々市法律事務所をご利用ください。
ホームページもご覧ください。→http://hakusan-nonoichi-law.com/



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
石川県野々市市本町5丁目1番41号タウビル1階
     白山・野々市法律事務所
ホームページ:http://hakusan-nonoichi-law.com/
TEL:076−259−5930
◎初回の法律相談は無料です。女性弁護士在籍。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
author:白山・野々市法律事務所, category:近隣トラブル【土地・騒音等】, -, -
google-site-verification: google8069d6d4c81a2717.html