RSS | ATOM | SEARCH
【法改正】性犯罪に関する刑法の改正

JUGEMテーマ:法律

 

【テーマ】

 平成29年6月16日、性犯罪に関する刑法の一部改正がありました。

 今回の刑法の改正は、平成29年7月13日に施行(有効)されます。

 

 今回、改正された点について確認しておきましょう。

 

【変更点】

 性犯罪の非親告罪化

 これまで「強姦罪」や「準強姦罪」は、被害者が『告訴』しない

と、加害者を刑事裁判にかけることはできませんでした。

 これからは、被害者の『告訴」がなくても加害者を刑事裁判に

かけることができるようになります。

 7月13日より前に起きた過去の事件も、

被害者の告訴なく起訴できるようになりました。

 

2 「強姦罪」から「強制性交等罪」への変更

 これまで「強姦罪」の被害者は、女性だけでした。

男性は、「強制わいせつ罪」の被害者にしかなれませんでした。

 これからは、男女問わず「強姦罪」の被害者になります。

 改正に伴い「強姦罪」から「強制性交等罪」に変更されました。

 また、「準強姦罪」も「準強制性交等罪」に変更されました。

 

3 監護者による性犯罪に関する規定の新設

 「監護者わいせつ罪」、「監護者性交等罪」が新設されました。

 18歳未満の未成年者を監護している者が、その影響力に乗じ

て、わいせつな行為や性交をした場合『暴行又は脅迫がなくても』

「強制わいせつ罪」や「強制性交等罪」と同様に処罰されます。

 

4 性犯罪に対する厳罰化

 ゞ姦罪(3年以上の有期懲役)

 → 強制性交等罪(5年以上の有期懲役)

◆ 塀燹剖姦致死傷罪(無期又は5年以上の有期懲役)

 → (準)強制性交等致死傷罪(無期又は6年以上の有期懲役)

 強盗が強姦した場合と強姦犯が強盗した場合の統一化

 → 強盗・強制性交等罪(無期又は7年以上の有期懲役)に統一

※ 「集団強姦罪」「集団強姦致死傷罪」は、改正により削除となりました。

 

刑事事件の被害を受けてお悩みの方やご家族様は、

初回(1回目)の法律相談を無料で受けられる白山・野々市法律事務所をご利用ください。
ホームページもご覧ください。→http://hakusan-nonoichi-law.com/

 

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
石川県野々市市本町5丁目1番41号タウビル1階
     白山・野々市法律事務所
ホームページ:http://hakusan-nonoichi-law.com/
TEL:076−259−5930
◎初回の法律相談は無料です。女性弁護士在籍。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

author:白山・野々市法律事務所, category:法律一般, -, -
google-site-verification: google8069d6d4c81a2717.html