RSS | ATOM | SEARCH
【慰謝料】慰謝料(基礎編1)【離婚】(金沢市、白山市、野々市市など)
JUGEMテーマ:法律
【テーマ】
慰謝料(基礎編1)

【疑問】
夫の不倫が原因で離婚しようと思います。
夫や不倫相手に慰謝料を請求しようと思っています。
慰謝料について教えてください。

【回答】
1 離婚=慰謝料ではない
 慰謝料とは、相手の違法行為によって受けた精神的な損害への埋め合わせとしての金銭のことです。
 つまり、相手に違法行為がなければ、慰謝料を請求することはできません。
 また、離婚を先に切り出した方が慰謝料を支払わなければならないなど完全なウソです。

 相手の違法行為の例としては、不倫や暴力が典型的です。
 逆に、違法行為となりにくい例は、性格の不一致です。

2 慰謝料を請求できる不倫とは?
 原則として、肉体関係(不貞行為)があった場合です。
 また当時、”徂愆愀犬壊れていなかったことと、既婚者であることの認識があったこと(過失可)が必要です。
 つまり、(無錣長期間に及び夫婦(家族)としての実態がない場合や、⊇于颪し呂巴里蟾腓辰憧屬發覆ど盖ち蠎蠅防廖碧瑤郎福砲いるとは知らず、かつ、そのような雰囲気も感じられなかった場合には、不倫相手に対して、慰謝料を請求することはできません。

3 不倫の慰謝料の金額
 慰謝料が精神的損害への埋め合わせであることから、金額について具体的な基準はありません。
 不倫の長さ、肉体関係の頻度、結婚期間の長さ等を総合考量して、裁判官が決めます。
 おおまかには、100万円〜300円で決まることが多いのですが、この範囲外となる場合もあります。

4 不倫相手からとれるか?
 不倫相手にも慰謝料を請求できます。
 ただし、不倫相手と配偶者とは不真性連帯債務といって、どちらかが慰謝料を全額支払えば、もう片方は支払う義務がなくなるという関係にあります。
 逆に言えば、不倫相手だけに慰謝料全額を請求することも可能であるということです。

 なお、片方が全額払った場合、もう片方に対して、責任割合に応じた金額を請求することができます。つまり、不倫相手が100万円支払った場合、不倫相手から配偶者に50万円を請求される可能性があるということです。
 これを「求償」といいます。
 ちなみに、この場合、離婚していない場合には、不倫相手から100万円をもらっても、配偶者を通じて家計から50万円が出て行くことになり、夫婦の財産が50万円しか増えないことになります。

5 慰謝料に時効はありますか?
 暴力や不倫という行為自体に対して慰謝料を請求する場合は、その行為があってから3年で時効になります。
 ただし、暴力や不倫が原因で離婚した場合には、離婚時から3年で時効になります。

不倫の慰謝料について、「もっと知りたい!」という方は、
初回(1回目)の法律相談を無料で受けられる白山・野々市法律事務所をご利用ください。
ホームページもご覧ください。→http://hakusan-nonoichi-law.com/


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
石川県野々市市本町5丁目1番41号タウビル1階
     白山・野々市法律事務所
ホームページ:http://hakusan-nonoichi-law.com/
TEL:076−259−5930
◎初回の法律相談は無料です。女性弁護士在籍◎
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
author:白山・野々市法律事務所, category:【離婚・不倫】慰謝料, -, -
google-site-verification: google8069d6d4c81a2717.html