RSS | ATOM | SEARCH
【離婚】裁判で離婚が認められるためには?【離婚理由(その1)】(金沢市、野々市市、白山市など)
JUGEMテーマ:法律
【テーマ】
【離婚】裁判では、どんな場合に離婚が認められるの?【離婚理由(その1)】

【質問】
離婚調停をしたのですが、離婚の合意はできませんでした。
裁判では、どんな理由があれば離婚が認められるのでしょうか?

【回答】
裁判で離婚が認められるためには、以下のうち1つ以上の理由が必要です。
(民法770条1項各号)

1 不貞行為があったとき(1号)
  配偶者が別の異性と性的関係を持つことを不貞といいます。

2 悪意の遺棄(2号)
  夫婦には互いに助けあう義務があります(民法752条)。
  それにもかかわらず『わざと』家庭を捨てて顧みないことを「悪意の遺棄」と言います。
  具体的には、「生活費を渡さない」「配偶者を家から追い出す」
 「愛人と同居して家に戻ってこない」などです。

3 3年以上も配偶者が生きているか分からないとき(3号)
  行方が分からなくなってから3年経過すると、その時点から離婚原因として認められます。
  離婚請求をするためには、行方が分からなくなった時点で、
 警察に捜索願を出して、受理証明をもらっておくなど証拠が必要となります。
  なお、行方不明でも生きていると分かっている場合は、これに該当しません。

4 回復の見込みのない強度の精神病(4号)
  「強度の精神病」は、夫婦生活上、それぞれの役割や協力を十分に果たすことができない
 精神障害にかかっている場合をいいます。
  例えば、統合失調症、認知症、躁うつ病の『重い症状』のものが考えられます。

  もっとも、「強度の精神病」に該当する場合であっても、簡単に離婚できません。
 夫婦には病めるときもともに生きて支え合う義務があるからです。
  この点については、また別の機会で話したいと思います。

5 婚姻を継続しがたい重大な理由(5号)
  性格の不一致、性生活の不存在、配偶者の親族との不和、暴行・虐待、宗教活動などが
 該当しうるのですが、その程度が『重大』でなければ離婚は認められません。

裁判で離婚が認められるかどうかについて、「もっと知りたい!」という方は、
初回(1回目)の法律相談を無料で受けられる白山・野々市法律事務所をご利用ください。
ホームページもご覧ください。→http://hakusan-nonoichi-law.com/


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
石川県野々市市本町5丁目1番41号タウビル1階
     白山・野々市法律事務所
ホームページ:http://hakusan-nonoichi-law.com/
TEL:076−259−5930
◎初回の法律相談は無料です。女性弁護士在籍◎
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
author:白山・野々市法律事務所, category:【離婚】離婚できる場合【離婚理由】, -, -
google-site-verification: google8069d6d4c81a2717.html