RSS | ATOM | SEARCH
【離婚】性格が合わない場合、離婚が認められるの?【離婚理由(その2)】(石川県など)
JUGEMテーマ:法律
【テーマ】
どんな場合に離婚が認められるの?【離婚理由(その2)】

【質問】
私は夫と性格が合わないので離婚したいのですが、離婚は認められますか?

【回答】
前日のブログの続きとなります。
裁判で離婚が認められるには、以下の5つの理由のうち1つ以上に該当しなければなりません。

1 不貞行為
2 悪意の遺棄
3 配偶者の生死が3年以上不明
4 回復の見込みのない強度の精神病
5 婚姻を継続しがたい重大な事由

上の1〜4に該当しない場合は、5に該当するかどうかで離婚が認められるか決まります。

「婚姻を継続しがたい重大な事由」とは、夫婦関係が修復不可能なまでに破綻し、
離婚はやむを得ない程度の重大な理由がある場合をいいます。


以下のケースで「婚姻を継続しがたい重大な事由」といえる場合を考えてみます。

1 性格の不一致
 性格が合わないというだけでは、離婚原因の決め手にはなりません。

・「性格が合わないから夫婦げんかのたびに侮辱される」
・「性格が合わないから家庭内別居の状態が続いている」
というように、性格の不一致の結果、夫婦関係が冷え込んで生活にヒビが入り、もう夫婦関係を修復することができない状況である必要があります。

 なんとなく性格が合わなくて、一緒に生活するのが楽しくないから離婚したいという理由では、配偶者が協議離婚に応じてくれない限り、裁判所で離婚を認めてもらうことはできないということです。

2 性の不一致
 異常な性関係を強いる場合や、性交渉の拒否が離婚原因となることがあります。
 また、性交渉の機能がない場合(インポテンツなど)にも離婚原因となることがあります。

3 配偶者の親族との不和 
 単に、嫁姑で折り合いが悪い、小姑からいじめられるという場合は該当しません。
 姑も小姑も夫婦の外の人間だからです。
 もっとも、夫が姑の肩を持って妻をいじめるのを黙認している場合などでは、
夫の妻を守る努力が足りなかったとして、離婚原因となることがあります。

4 暴行・虐待・侮辱など
 配偶者から暴力をふるわれる、配偶者からネチネチ責め続けられる(精神的虐待)場合には、
離婚原因となります。
 証拠が大事となりますので、暴力がふるわれたら病院に行ったり、
配偶者からの言葉責めは録音したりするなどすることが必要です。

5 宗教活動
 特定の宗教を信仰したり、宗教活動を行うことが離婚原因となるわけではありません。
・「宗教活動にのめり込むがあまりに、家庭を顧みなくなった」
・「莫大な寄付をして家計を圧迫する」
 などの場合には、離婚原因となります。

6 長期の別居期間
 3〜5年程度の長期の別居が継続し、その間ほとんど交流がない場合には、
夫婦関係の修復が不可能として、離婚が認められることがあります。

 質問者のように、夫と性格があわないというだけでは離婚はできません。
どうしても、一緒に暮らすのが嫌だと言うのであれば、まずは別居から始めてみられてはいかがでしょうか。


「婚姻を継続しがたい重大な事由」について、「もっと知りたい!」という方は、
初回(1回目)の法律相談を無料で受けられる白山・野々市法律事務所をご利用ください。
ホームページもご覧ください。→http://hakusan-nonoichi-law.com/


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
石川県野々市市本町5丁目1番41号タウビル1階
     白山・野々市法律事務所
ホームページ:http://hakusan-nonoichi-law.com/
TEL:076−259−5930
◎初回の法律相談は無料です。女性弁護士在籍◎
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
author:白山・野々市法律事務所, category:【離婚】離婚できる場合【離婚理由】, -, -
google-site-verification: google8069d6d4c81a2717.html