RSS | ATOM | SEARCH
【借金】自己破産・個人再生・任意整理の選択(3)【金沢・野々市、白山市など等】
JUGEMテーマ:法律
【テーマ】
 自己破産・個人再生・任意整理の選択(3)

【質問】
個人再生のメリット・デメリットを教えてください。

【回答】
1 個人再生とは
  個人再生は自己破産のように全ての借金をゼロにするのではなく、
 借金の元本を大幅に減らし通常、3年をかけて支払っていく制度です。

1 メリット
 債務が減額されます。
  債務を最大5分の1に減らせます。

住宅ローンがあっても自宅を残せます。
  個人再生には「住宅資金特別条項」という例外規定があり、
 住宅ローン債務だけ支払い続けられ、自宅を失わずに済む方法があります。

 借金の理由は問われない。
  自己破産の場合ですと、ギャンブルや浪費などで借金を作った場合には、
 (最悪の場合)裁判所が借金の返済を免除してくれないこともあります。
  しかし、個人再生の場合には、借金を作った理由は厳格には問われません。

職業の制限はない。
  自己破産の場合と異なり、弁護士、税理士、保険の外交員、警備員などの
 一定の職業に就くことを制限する規定はありません。
  つまり、保険の外交員さんでも、仕事を辞めずに借金を減らせる制度
 ということになります。

財産を手放さずにすませる方法がある。
  自己破産の場合と異なり、手持ちの財産を手放さずにすませることが
 できることもあります。
  もっとも、減額後の債務額<総財産の価格の場合、
 総財産の価格相当額を返済しなければならなくなります。
  つまり、減額後の債務額が100万円であっても、
 総財産が200万円ある場合は、200万円を返済しなければいけない
 ということです(清算価値保障の原則)。

2 デメリット
  頁ぐ媽依・自己破産でも同じですが)
 信用情報、いわゆるブラックリストに記録されます。
 返済終了後5年程度は、記録が残ります。
 その間、借金・ローンの申し込みをしても断られる可能性が高く、
保証人になろうとしても認められない場合が多いと思われます。

(一応)公開されます。
  個人再生を申し立てたこと、再生計画を認可されたことの2回は、
「官報」で公開されることになります。
  ただ、公開といっても官報を読んでいる人はほとんどいないので、
 官報にのったから近所や親戚に知られる可能性は少ないでしょう。


 個人再生について、「もっと知りたい!」という方は、
初回(1回目)の法律相談を無料で受けられる白山・野々市法律事務所をご利用ください。
ホームページもご覧ください。→http://hakusan-nonoichi-law.com/


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
石川県野々市市本町5丁目1番41号タウビル1階
     白山・野々市法律事務所
ホームページ:http://hakusan-nonoichi-law.com/
TEL:076−259−5930
◎初回の法律相談は無料です。女性弁護士在籍◎
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
author:白山・野々市法律事務所, category:【借金】債務整理の全般, -, -
google-site-verification: google8069d6d4c81a2717.html